物語研究所 第2回公演

月唱トロイメライ

それは、千年に一度とも謳われる月夜のできごと。



その美しさを愛でるため、様々な国々から多くの人々が集うこの宴。

実力者の娘である有栖姫はある計画を進めていた。

『この席を、想い人との祝宴に変えてしまおう』



しかし……突如月から差した一条の眩い輝きが全てを変えてしまう。

そこに現れたのは<月の姫>を名乗る一行。


たちまちの内に彼女に魅了されて行く人々。

そして、宴はいつしか月の姫の伴侶を探す為の場へと変貌を遂げる。


次々に降り注ぐ無理難題の数々。

個性豊かな登場人物たちに翻弄される人々。

そんな中、徐々に明らかになる隠された秘密たち。


果たして姫の伴侶に選ばれるのは貴方?

はたまた真実への道を照らし出すのは貴方?

……今宵、忘れられぬ月夜の宴を一緒に過ごしませんか。



これは、歌を愛する一人の少女と貴方の物語。

月に唱え、夢想歌!!




2018年3月19日(月)  20日(火)

26日(月) 27日(火) 28日(水)   


20時開場/20時15分開演

@東京ミステリーサーカス 小ホール 


来賓席(参加席)4000円 1ドリンク付

村人席(観覧席) 3500円 1ドリンク付


上演時間 90分予定

登場人物


御那壬姫(流星奏音)

幸せを求め、月よりやって来た姫。
引っ込み思案で、自分の気持ちを口にするのが苦手。

美田一郎(村田諒人)

村随一の弓の使い手。
その才能を疎まれ村八分にされているが、甲斐の従者となる。毎晩同じ夢を見ている。

有栖姫 (彦田かおり)

おてんばなこの世界の姫。

甲斐のことが好きで、各国の来賓を巻き込み、

この会を自身の披露宴にしてしまおうと企む。

甲斐義秀 (白岩ぱんだ)


貴族の一人息子。
自信家ではあるが何処かヘタレ。
女心に関してはてんで疎い。

半田(タモリノゾミ)

月の姫のお付きの一人。
一人称は俺だが、女性。
キッパリ物事を言って姫をサポートする存在。

伊勢(よつば)
月の姫のお付きの一人。
静かに優しく姫をサポートする存在。

葛城内侍(板谷彩香)

可愛いを徹底的に演じていて、いつもウサギのぬいぐるみを抱えている。有栖姫の幸せを何より願う、有栖姫の幼き頃よりの従者。

円内侍(岡本めぐみ)

葛城内侍と同様に、有栖姫の幼き頃よりの従者。
責任感が強く、しっかり者。歌う事が好き。

うさぎ(久木田かな子)

葛城内侍が抱えているうさぎ。
お調子者であり、毒舌。たぬきと亀が大嫌い。

各国の来賓者 ご来場のお客様。


staff
脚本 岩本憲嗣
振付 池上明杜
作詞 久木田かな子
映像制作 牟田朱梨沙(集団視力検査)
ビジュアル制作 winnie works
楽曲制作 mustdon/mizaki/木里祥
演出助手 ひぐちいつ葉
衣装 チクチク本舗
制作 Advance Stage
音響、照明、制作協力 ヒミツキチラボ小ホール